ねこ皿セット


昨日、手が滑ってお皿を割りました・・・・

で、

今買い物から帰ってきました。



つい、こんなに買ってしまいました。

だって・・・

nekosara1.jpg

こんなに可愛いねこ

なんです。

重たかった
関連記事
スポンサーサイト

今、気になっている人 「足利尊氏」

私の学校の大先輩でもある、

杉本苑子先生の「風の群像」を読んでいます。

風の群像〈上〉風の群像〈上〉
(1997/06)
杉本 苑子

商品詳細を見る



歴史の時間に勉強はしましたが、年号と名前と室町幕府・・・等でした。


小説だと、いろいろな人の立場の違いも読みながら想像できるので、本好きの私には、合った歴史の勉強の仕方みたいです。空想し過ぎのきらいもありますが


今日の場面では、三島で、足利軍と新田軍のバトルが。新田が敗走し、足利が一気に京まで追っていきました。

この本では、尊氏は、もちろん野心はありますが、実は後醍醐天皇と戦いたくはなかったが前提になっています。

今川氏、上杉氏などの名前も出てきて、戦国時代へとつながっていくのが面白いです

また、箱根を超えて鎌倉に入るのは大変だったと、改めて、鎌倉の地の利についても考えさせられました。


三島、鎌倉は近いので、寺巡りでなく、次回は、古戦場巡りもいいかな



関連記事

春も終わりに近し!!



最後に咲いていたヒヤシンスもとうとう全部枯れてしまいました。

hiya1.jpg

花持ちがとてもいいので、今回は切り花にしました。

PAP_0015.jpg
花弁の一つ一つの色が微妙に違うのですよね
見てて飽きません!!


関連記事

お金の材料になる木 「みつまた」 そして、ちょっと涙の日・・



千葉に帰る為車に乗り込み、さあ出発になっても母がいません。

私に見せる為にこの花を摘みに行ってくれたそうで、ぎりぎりに手渡されました。

そして、帰る日は淋しいのに余計にちょっと涙です

次回帰った時に、咲いている場所を聞く予定です

大事に千葉まで持って帰りました。


沈丁花(じんちょうげ)科
学名
  Edgeworthia chrysantha
   Edgeworthia : ミツマタ属
   chrysantha : 黄色の花開花時期は、 3/ 5 ~ 4/10頃で、原産地は 中国中南部、ヒマラヤ地方。
 江戸時代初期に渡来しました。枝が3本ずつ分岐する為、これが名の由来です。

樹皮には強い繊維があり 和紙の原料にになっています。しわになりにくく高級で、また虫害にもなりにくいので、1万円札などの紙幣や証紙など重要な書類に使われいるそうです。
日本では、1876年(明治9年)に、政府印刷局で三叉を原料として紙幣を作ってから、三叉の利用度は非常に高くなりました。現在でも、紙幣以外でも、証書・地図用紙・コピー紙など各種の紙とその原料として幅広く使われています。
「赤花三叉」(あかばなみつまた)も戦後愛媛県の栽培地で発見され、今では黄色花とともによく栽培されています。赤もかわいいです。



関連記事

散歩で会ったねこ・・・・2013年3月春



今回は、ねこになかなか会えませんでした。
このねこのみです。

DSCF1421.jpg
山の野生のねこなで、特にこのねこは警戒心が強くって、近づくことができません・・・・

まあ、振り向いてくれましたが

脇道に入り森に逃げていきました。



関連記事
NEXT≫
Web page translation
プロフィール

koshituji

Author:koshituji
娘:千葉に住むバレエ教師

   読書好き!
   可愛いもの小物、お菓子大好き!!
   暇な時に気まぐれ更新です!
  

父:伊豆在住の画家
  山中で仙人のような生活をしていました。
  ブログで作品を紹介しています!

リンク先の

「風雷房」で作品を公開中!!

「KAN ART SHOP」で作品も販売しています。

兄弟ブログ
「歴史画と仏像」も、よろしくね!!
 神社巡りなど、歴史関係が多いです。

合わせてご覧下さい。

にほんブログ村 ゆうゆうネット伊豆
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご訪問ありがとう
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2アフィリエイト

格安で旅行!!

旅ポケドットコム
リンク
ブロとも申請フォーム
Amazon
検索フォーム
amazon 超特価品
RSSリンクの表示
おすすめ