お正月準備!!



明日から12月です。

100円のわりに、大き目の餅なので、購入しました。

ただ、餅の大きさに合ったみかんがないのでバランスが悪いです。

不思議と

みかんの底は凹んでいるので、転げ落ちません
関連記事
スポンサーサイト

最初の一本です!!



記念すべき最初のきゅうりの漬物です。

お茶漬けで食べました!!
関連記事

橋を渡る親子


1955年の若い頃の作品です。

なんで、手と足が異様に大きいんでしょうか???

が、私の第一印象です。

父の絵の特徴の一つに、体の寸法に合わない大きさの手足がありますが、この作品は特にかな???

50~60年代のもう一つの特徴が、「暗さ」です。

橋の上や色調が、ムンクの叫びにも共通する、精神の不安定さを感じました。

内面の叫び?
関連記事

今日のヒット!!



百円ショップの棚で、一匹のぶたを発見!!!

夏の商品の残りかと思います。

蚊取り線香のぶたが好きだったので、

もちろん

ご購入!!!




***今朝初めて、霜柱を見ました。寒いはずです!!!
関連記事

新種の桜

山形市野草園(山形市神尾)で、野生のミヤマザクラとカスミザクラが自然交配したサクラが見つかり、新種と認められた。

 地元の植物愛好家が発見し、専門誌「植物研究雑誌」に論文が掲載された。同誌を編集する門田裕一・国立科学博物館研究主幹は「樹木は種類が少なく、新種の発見は珍しい」と驚いている。

 発見したのは、野草園の元嘱託職員・志鎌節郎(しかませつお)さん(64)(同市美畑町)。新種は「ミヤマカスミザクラ」と名付けられた。園内に1本あるだけで、高さ約8メートル、推定樹齢は約30年。花びらの先が二つに割れているところはカスミザクラ、花軸(花がつく茎)の枝分かれが複数起きるところはミヤマザクラの特徴を受け継いでいる。

 二つのサクラは学術的に、サクラ属のミヤマザクラ節とヤマザクラ節に分かれている。節を超えた交配は珍しい。

 共に標高が高い場所に分布。花期のピークはカスミが5月初旬、ミヤマは同中旬と離れている。同園のカスミは日当たりの悪い場所にあり、開花時期がミヤマと重なることもあるという。


--------------------------------------------------------------------------------
見てみたいな!!!と思いませんか!!
関連記事
NEXT≫
Web page translation
プロフィール

koshituji

Author:koshituji
娘:千葉に住むバレエ教師

   読書好き!
   可愛いもの小物、お菓子大好き!!
   暇な時に気まぐれ更新です!
  

父:伊豆在住の画家
  山中で仙人のような生活をしていました。
  ブログで作品を紹介しています!

リンク先の

「風雷房」で作品を公開中!!

「KAN ART SHOP」で作品も販売しています。

兄弟ブログ
「歴史画と仏像」も、よろしくね!!
 神社巡りなど、歴史関係が多いです。

合わせてご覧下さい。

にほんブログ村 ゆうゆうネット伊豆
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご訪問ありがとう
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2アフィリエイト

格安で旅行!!

旅ポケドットコム
リンク
ブロとも申請フォーム
Amazon
検索フォーム
amazon 超特価品
RSSリンクの表示
おすすめ